2010年08月19日

【J1】第18節 名古屋グランパス×浦和レッズ

一旦書きかけたものの、またしても集中力に欠けてしまい、途中で断念してしまったわけですが・・・


さて18節、因縁の浦和レッズ戦です。

いや、やっぱ気にはなるんだけどね・・・レッズ。
代表だけじゃなくてJリーグも面白いって思わせてくれたクラブだし。
去年は闘もいたしフィンケ監督の考えているようなサッカーが出来てなかったかもしれませんが、今年はその小うるさい闘も出したし、御眼鏡にかなう柏木やサヌなんかを補強したし・・・
でもどうなんですか?大丈夫なんですか?

啓太が試合前に故障してしまったとのことで、急遽細貝がスタメン・・・え、細貝ってスタメン落ちしてたの?そうか、そうだったのか。
で、スタメンはよく知る面子8割+やや知らない人2割(苦笑)

さすがにゲームの組み立てはレッズのほうが上手いと思いました。
しっかりパス繋いでるしポンテや柏木の視野の広さもあっていろんなことが出来るなぁと。
でもスピードのある選手が宇賀神くらい?なので怖さがない。いや、達也やエジも遅いわけじゃないけど、川崎さんなんかと比べると全然ね。
結局闘と増川ではカウンターが一番怖いわけで、ゆっくりパス回されながら来られてもそんなに怖くないんです。
スイッチの入らなさは去年と何ら変わってない印象ですが・・・違うのは、去年ならばそこでイライラした闘が強引に前に進めていたところ、今年はそういう強引な選手がいないから結局同じテンポでボールをどっかで奪われる、ミスをする・・・気がしますけど。

そんなこんなで前半は0−0。
そして後半、ハーフタイムでいろいろ修正してきた名古屋が反撃開始。
マギヌンからの良いクロスを闘が頭で合わせて先制〜♪
正直非常に気持ちの良いゴールでした。
だってさ、闘の後釜、背番号4を付けてるスピラノさんと競って(いや競れてなかったけどねw)のゴールだもん。
余談ですが、名古屋ユニの背番号4のほうが素敵だったんで、レッズ時代には一度も手を出さなかったユニ、買っちゃいました。

まぁその後すぐに宇賀神に同点に追いつかれてしまったわけですが・・・あれは宇賀神を褒めるしかないですね。すごかった。

その後の玉田の勝ち越しゴール、最初のはちょっとラッキーな感じもするし、2点目はオフサイド気味かな?とも思いますけど・・・
しかしこういうのがあるとチームも勢い付いてくると思うので嬉しい限り。

試合終盤、宇賀神に闘が噛み付いてたけど、あれなんだったんだろ?こないだの横浜FMの小野選手と同じ理由かしら?


とにかく古巣相手に勝利、非常に嬉しかったです。

アレックスと共に試合終了後浦和サポさんのところに挨拶に行きましたが、みなさん見事に無視してくれましたね。
いや、中には拍手してくれたサポさんもいたと思いますが、TVで見る限り、ほぼ無視に見えました。
いずれにせよ、浦和レッズさん、今までどうもありがとう。


闘もこの試合に勝てたことで気持ちの整理が付いたんじゃないかな。
私もこの試合を見て気持ちの整理は付きました。
「名古屋サポ」とまでは言えないけれど、闘が在籍しているクラブを応援する方向で決まりました。
グラさんとはこれからしばらく仲良くさせていただきます。よろしくね〜。

(次節の結果はまだ知らないって体で書いてます。浮かれ気分も18節終了時点を思い出しつつ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159964335
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。