2010年08月14日

【J1】第16節、第17節をまとめて・・・

サボってしまっていたので前節、前々節をザッと振り返って・・・

第16節、アウェー横浜Fマリノス戦。
日本サッカー界の不思議ちゃん・木村和司監督(好きですけど)率いる横浜Fマリノス、結構嫌な相手だなという印象です。
何といっても攻撃のタレントが豊富。その上W杯では相棒だったけどJに戻るとライバルな中澤選手がいますからね。あ、仲良しな俊ちゃんも。
それに話題の高校生Jリーガー・小野裕二が・・・織田裕二?小野伸二?まぁいいか。
そうそう、小野伸二選手ったら石田純一、東尾理子の披露宴に出席してましたね(笑)。まぁどうでもいいですが。

その話題の小野裕二選手、後半から投入されたわけですが・・・闘ったらなぜかライバル心剥き出しww途中若干おちょくったような場面もありましたが、変な踊りを踊っているようにしか見えなかった・・・プッ。
後のオフィシャルでは「フェイントを仕掛けた」ことになっているようですが、あれはタコ踊りでしょう。
小野選手もあれを見て「こうはなりたくない」と思ったに違いありません。
ごめんね、小野選手。子どもだから許してあげてね。自分より目立つ人がいると陥れたくなるのよ、失敗だったようだけど。

試合終了間際、どうにもエキサイトしてしまいダニルソンが栗原選手と小競り合い。
すっ飛んでった闘も参加して乱闘騒ぎか?!と思いきや、まずは栗原選手を突き飛ばし(え〜、いいの?)そしてダニを更に突き飛ばし、栗原選手の頭を撫で撫でしながら「落ち着けよ」って暑苦しく諭してましたね。
(闘にしては)大人な対応が出来てることにビックリでした。ただ、突き飛ばさないほうがよりスマートでしたね。

試合結果は0−2で勝ち。またもダニのミドルが決勝点。あとは守備だな・・・

・・・・・・・・

第17節、アウェーFC東京戦。
世の中では「集まれぇ〜対決」とかよく分からん無理矢理こじつけダービーっぽく煽っていましたが、当人同士、特に今野選手的には「参ったなぁ」って感じだったでしょうね。
闘曰く「今ちゃんとは仲良いんで」って事ですが、その今ちゃんからは「闘さんと仲良いんで」とは聞いたことが無かったり(笑)、まぁいいか。

試合はジリジリする展開、チャンスがなかなか作れず空回り的な感じ。
楢さんのスーパーなセーブがたくさん見られてカッコいいけど、あんまりたくさん見たくない・・・
引き分けるのかなぁ、まぁそれも仕方ないかなぁと思っていた終了間際、とっても芸術的なセットプレーを見せてくれました〜。
こういうところで決めてしまう闘、本田△ほどではないにしろ、持ってますよね、やっぱ。
しかも「集まれぇ〜」やってますからね(笑)。みんなちゃんと集まってくれてるし(笑)。
ベンチも一緒になって集まってくれて、個人的には千代パンダじゃなかった千代反田選手と喜び合っていたのが印象的。
ちなみに新潟時代からこっそり「千代パンダ」と思ってました。

試合結果は0−1で勝ち。闘の劇的ゴールが決勝点。嬉しい〜!

・・・・・・・・

なんか、名古屋に移籍して良かったなーとしみじみ思いました。
ちゃんとチームに溶け込んでて、レッズの時にはあまり感じられなかった「思いやり」とか「やさしさ」とかをインタビューなどから感じるようになったし。
W杯やお父さんの病気の事とかそういう経験もあるでしょうし、ストイコビッチ監督のカリスマ性というのも影響あるかもしれませんが、何より他の選手とちゃんと理解しあえているような気がします。良い影響をもらっているんでしょうね。

勝手に闘莉王に成り代わって感謝。


さて、明日というか今日はレッズ戦、妙な緊張感です。
闘は恩返しの意味を込めて、がっつり守って無失点に抑えて欲しいですね。何ならノシ付けてゴールを決めてやりましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159373592
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。