2010年04月05日

【ACL】サンフレッチェ広島×アデレード・ユナイテッド

もう先月の話になってしまいましたが・・・3月30日に行われたACLグループHのサンフレとアデレードの試合を見てきました。
今更ながらですが、今年は出来るだけ見た試合の事は書き残そうと思っているので・・・

未だ沼田は冬だった・・・うーん、寒かったです。
約1年前のナビスコ杯予選の観戦時よりはマシでしたが(あの時は気温3℃・・・)、その日のスタジアムも気温約6℃とのこと、結構花冷え。桜はまだ3分咲きといったところだったでしょうか。
我が家の前の桜はほぼ満開ですから、すごい温度差を感じました。

今回も後輩のサンフレサポ親子、かおりとゆう君と3人での観戦。
かおりが買ってくれたカイロを貼り付けつつ、冷たい座席に着き、冷たいビールと共に・・・

サンフレッチェは怪我人や出場停止選手が多くて不安材料も多い中、試合は出だしからイイ感じ。
前の試合の負けを引きずってない、良い雰囲気が漂ってました。
サポーターも予想以上に多く、みんなしっかり声を出して本当に暖かい良い雰囲気を作ってましたね。

アデレードの選手は総じて体が大きく、球際も厳しく来るので激しい試合になることを予想していました。
実際体つきは大人と中学生くらいの差があったかな。

でも守りの部分ではそんなに高さに不安はなく、中島、森脇がかなり頑張ってましたね。横竹も良かった。
そしてWボランチの森崎兄弟、これがまた効いてました。
攻守の切り替えが早く、相手の速攻をかなり潰してたと思います。
出来ればもっと前から、高柳、山岸あたりがもっと早く寄せてくれと思いながら見てましたが、前半は何とかしのぎましたね。
逆に攻めではサイドからのクロスはことごとく跳ね返されててちょっと不安・・・
しかしセットプレーから上手く寿人が合わせてゴールしました。
後で見返してみるとほぼフリーだったんですね。

後半はかなりドキドキで、「1点だけじゃ危険〜!もう1点取っとけ〜!」と心の叫び全開で見てたわけですが・・・
何とか守りきり勝利!ACL初勝利でした。

NEC_0038.JPG家に帰って録画を見返しましたが、サンフレらしい見事なパスワーク、本当に面白いように繋がる繋がる。何度見ても面白い。
柏木も抜け、その後を期待される高萩や槙野、ミキッチも怪我で不在、ビルドアップに欠かせないストヤノフも出場停止・・・
こんな悪条件じゃヤバイなぁと思ってましたが、それ以外の選手の、まぁ頼もしいこと。
こんなに面白い試合は去年のJ12節、レッズ×ガンバ以来だったかも?帰りは結構満足感がありました。
この日特に印象に残ったのは中島選手でした。あ、張り切り度合いでは森脇選手でしたね。

しかし後味悪いことも。UAEのアリ・ハマド・アルバドワウィ主審はなかなかファールを取ってくれず、やはりアジアの試合は難しいと実感。
そして途中交代で入った李忠成、もっと走れ。あれでは監督も使いたがらないでしょう。
そして試合の終わらせ方ももっと巧くなる必要があります。かなり危なっかしかったですな。

ともあれ、リーグ突破に望みをつなぎました。
次の山東魯能戦、頑張って勝ってほしいですね。

鑑賞記録【ジャズ大名】

前々から見てみたい映画の1つでした。
どうやって知ったのかもう忘れてしまったけど、タイトルが気になって・・・

ジャズ大名 [DVD]だって、ジャズ大名。

大名って、お殿様、藩主、江戸奉公・・・とにかく時代劇なワードでしょ?
それなのにジャズ?

ジャズといえば私的にはマイルス・デイビスだのオーネット・コールマンだのジミー・スミスだのを思い出すのですが、ああいう音楽と大名がどうやって結びつくのか興味津々。

岡本喜八監督は西部劇風なタッチで時代劇を仕上げるという独特な手法を持っている人なので、ジャズと大名もどうにか料理するんだろうと期待を込めて見てみました。

続きを読む(ネタバレあり)
posted by りよ at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画

2010年04月08日

【日本代表】日本×セルビア

闘莉王が出てない代表戦は、こちらの観戦モチベーションがグッと下がってしまうのはやむを得ない事実。
でも一応録画観戦しました。

えーっと、まず中継をした日テレさん。
サッカーよりEXILEに力を入れすぎなのでは??
以前に河○隆○国歌独唱の件でクレーム的コメントをいくつか頂いた事があるので、EXILEをどうこう言う気はもうありませんが・・・
試合内容もアレだったので(苦笑)、完全にEXILEの彼に持ってかれた感じでしたよ。
まぁテレビ局は視聴率稼いで何ぼでしょうし、協会も代表人気に繋がればってことでしょうしね、大人の都合満載でしたね。


さて、本題。

ゆる〜いパス回しと横パス・バックパスだらけの展開、枠に飛ばないシュートの数々(ってほど打ってたかな?)。
まぁいつもの日本代表でしたね。

阿部ちゃんの活躍と槙野が交代で入ったことくらいかな、良かったのは。
久々に阿部ちゃんカッコ良かったぜ〜♪(前半が)
あと、石川選手も本番で見たい選手でしたね。

本番までの時間を考えると、もうそんなに戦術にしても選手にしてもガチャガチャ替えるわけにもいかないでしょうし、結局どういう意味の試合だったんでしょう?

試合後の会見で岡田監督は「3バックもありかも」とか言ってたようですが、それ以前に固定しすぎたCBに対する反省とかはないんですかね?
東アジア選手権の岩政選手も今回の栗原選手も、槙野にしたって、やっぱ代表での連携にはもう少し時間をかけないと実力は発揮できないんじゃないかな。
もちろんDFに限らず、FWもMFもです。
俊輔、玉田、大久保、遠藤に固執しすぎ。彼らを批判する気は別にありませんが、怪我をしたり調子が上がらないことだってあるんだし(実際玉田、大久保は怪我してるし)。

岡田監督は無駄な時間の使い方をしたのかなと思います。
いろんな選手を呼べる状況、実際呼んだにもかかわらず、試合ではガチガチに固定してしまって新しい選手をたいして試さなかった。

W杯本番が怖いですね・・・セルビアの2軍相手でこれじゃ、オランダはもちろん、デンマークからもカメルーンからも勝ち点1すら取れないでしょう。

あ、リハしとけば本番こういうことになってもショックが少ないよっていう、私達向けのリハだったってことね?
そういうことならありがとう、岡田監督。


・・・とまぁ、ここまで書いておいて何ですが、実は後半はあまり見れてません。
途中で寝ちゃいました(汗)。
そして今日見直そうと思ったら・・・HDDから消えてました。
え?削除しちゃったの?いくら寝ぼけてるからといってそれはないと思うんだけど・・・
まさか猫が消した?そんなことないよねぇ・・・

2010年04月11日

【J1第6節】京都サンガF.C.×名古屋グランパス

えー、今季の闘莉王について、ここではまだ何も書いていませんでした。
心配されている方も多くいらっしゃるかと・・・あ、誰も心配なんてしてませんね、すみません。

本日はそれこそ一日中サッカー三昧(笑)。
すべてテレビ中継ですが、さすがに4試合見ると疲れました。

さて、闘莉王。
代表のセルビア戦で出場停止だったことが功を奏してか(?)、移籍後初ゴールを決めました。
あれ、誰もそのことに触れてなかったけど、初ゴールだよね?
そこらへんは誰か触れてくれてもいいのにね。

今日のゴール、W杯最終予選のカタール戦のゴールシーンを思い出しました。
あの時は寺田選手の背後から飛び込んでヘッドで決めたんだっけかな。
今回はケネディ選手の背後から・・・
ああいうポジション取りの時にフリーにしちゃぁダメですよ。必ず決めますよん。
今後もああいう形で得点機会が何度もある予感。名古屋は高さがあるので得意な形になりそうです。

今季になって名古屋の試合をよく見るようになったばかりなので何ともですが・・・名古屋の中盤、意外とドタバタするなと思った・・・
もっと中盤で落ち着かせられれば・・・そういうサッカーじゃないのかな?
ともあれ今節も無失点、しかも闘がゴールを決めたので嬉しい限り♪
この調子で頑張っていただきたいものです。

でも心配事もあります。

名古屋にはいい美容院がないんでしょうか?
闘のストパーが落ちかかっています(笑)
ヒヨヒヨと痛んだ感じで、落ち武者加減が最高潮に(笑)
そして最近、更に髪の毛が少なくなってきた気がします。
誰かいい美容院を紹介してあげてください。

そしてチームにはちゃんと溶け込んでいるんでしょうか?
今日のゴール直後、ワッと駆け寄ってきたアレックスと抱き合い喜んでいるところへ田中隼磨選手も駆け寄って来たんですが・・・
ちょこっと抱きついてすぐにポジションへ向け帰っていく時の隼磨選手の顔、若干引きつり気味だったような気がします(汗)
隼磨選手、怖かったですか?
大丈夫です、味方には噛み付きませんから、多分。


でもやっぱり闘を見ていると、今の代表に足りないものはこいつが補うんだろうなと思います。
若きムードメーカーとして名高い槙野と共に、なんなら森脇も連れてって3バックで・・・

2010年04月20日

【J1】明日は第4節がありますね

ACLの都合上延期になっていたサンフレッチェ広島×名古屋グランパスの第4節があります。
もちろん見に行きますよー。
雨さえ降らなきゃ良いんですがね。

さて、闘は3戦連続ゴールなるか・・・
古巣には恩返しの為必ずゴールしてきてますから、多分明日も1点入れてくれるはず。

もし明日名古屋が勝てば得失点差でレッズを抜いて首位・・・のはず。
まぁこの時期首位でもまだまだ先は長いので分からないですけどね。


かおり親子には申し訳ないけど、明日はアウェイ側で見ます。

また明日、帰ったら書きます。

2010年04月22日

【J1第4節】サンフレッチェ広島×名古屋グランパス

P1070019.JPGうーーん、負けた。
内容は両チームともあんまり良くなかったかと思いますが(特に名古屋は・・・)、やっぱり決めてしまう佐藤寿人、そしてかなり上り調子な李忠成。

広島は相変わらず怪我人多数で主力が揃わない現状ですが、それこそ誰が出ても同じサッカーが出来るだけの基盤が整ってる。
出てくる若手がちゃんと共通理解を持ってサッカーをしてる。きちんと戦力として計算が出来るんですね。

サンフレマニアなかおり曰く、森崎兄弟でWボランチより森崎(浩)と横竹のほうがより機能してるかもとのことでしたが、確かに横竹がなかなかイイですな。
ストヤノフの抜けてる穴も中島が全く危なげなく守ってますし、ビルドアップもストヤノフが居ないなりの組み立てパターンがちゃんとあるから問題ない。
むしろ、より緻密な組み立てが出来てるかも知れない、なーんて思ったりもするくらい・・・

対する名古屋、正直前半でゲンナリ・・・
京都戦でも新潟戦でも思ったけど、中盤がバタつく。
昨日はダニルソン、まずかったですね。ボールが落ち着かないし、ボールロストも多くてピンチを招くし・・・
ダニルソンという選手のことはあまり知らないので、今までの評価とか分かりませんが、うーん、私の中では期待値が限りなくゼロに近づいた・・・最初から吉村だったらもっと違う展開だった気がします。

ブルザノビッチも昨日はあまり機能せず。得意のFKも金崎とやや言い合いしながら蹴らず(あの言い合いは演技でしょうか?)で、見せ場なかったですね。

とにかく前半はトラップミスやサイドチェンジの失敗など多数あり、なかなか流れが作れなかったし、セットプレーもちょっと大雑把だったなと感じました。

そして後半。
やや気合を入れなおしたのかボールはよく回るようになってきました。
中村、吉村を入れることでチャンスも多くなったんだけど決め切れない。
クロスが大雑把という印象。アレックス入れてみて欲しかった。
ジリジリとした時間が長く続き、結局あれよと言う間に寿人ゴール・・・しかも股抜き・・・

闘のゴールを期待してたんだけどなぁ、ダメでした。

しかし闘、相変わらず戻り遅いですね。
どっか具合悪いの?って思うくらい遅いなぁ。
あれは良くないよ、やっぱ。昨日は戻りが遅くて失点ってことはなかったけど、いずれそういうことになるよ、また。
周りを鼓舞して盛り上げたいなら、自分も一生懸命なとこをもっと見せなきゃねぇ。

P1060982.JPGせっかく遠くから、平日の夜にもかかわらず来ていただいてるんだから、頑張ってるとこ見せてください。
名古屋サポの皆さん、ご苦労様でした。

【J1第4節】おまけ

P1060998.jpg昨日の試合のオマケ写真。
試合前のアップ中、千代反田選手と組んでハート♪
この日の千代反田選手はかなり良かったと思います。
闘よりスピードもあるし、もちろん高さも。ただ試合勘では増川選手だったのかなぁ・・・

P1070001.jpgだけどその後、なぜか1人違う動きの闘。
そういやアップ途中、右腿裏を気にしてる場面がありました。
え?まさかまた肉離れ??
もう勘弁してください。6月まであと少しですよー。
ってかそれも作戦?だとしたらその作戦の意味がよく分かりません。

P1070014.jpgおー、いよいよ入場です。
髪の毛結んでる。やっぱこの方がいいです。
結ぶ結ばないはどういう基準で決めてるんでしょう?気になります。

P1070024.jpgアップ中のアレックス。
動きが速くて写真がぶれてます。
さすがです。
アレックスは調子良さそうに見えたけど、守備を警戒して阿部選手だったのかしら。
試合で見たかったなぁ・・・

P1070025.jpg前半終了後の闘。
胸に手を当ててるのは動悸息切れのせいではありません。
ピッチを出る時十字を切って神様に感謝してるだけです。

P1070026.jpg闘を写そうと思ったつもりが、どちらかというと後ろの楢崎選手にピントがあってしまった1枚。
「楢さんの哀愁の背中」ファンのまきまきに捧げる1枚となってしまいました。
試合結果も哀愁漂うものになりましたが・・・

P1070030.jpg試合後、苦々しい顔つきでロッカールームへ下がる闘。
顔パフォも上手いんだよなぁ。



そうそう、帰りのアストラムラインの中で私とかおりの隣には高校生くらいの男の子達5〜6人がおりました。
彼らの会話が聞こえてきたんですが・・・
「ロッベンやばいだろー」
「いやいやジダンがやばいよ」
「いややっぱりトゥーリオやばいよ」
「おぉー、トゥーリオやばいね」
「髪結んで引っ張られすぎなんじゃない?」
「じゃけーよ(だからだよ、の意)。」
「トゥーリオじゃ」
「トゥーリオがやばいわ」
ん?何の話?
あ、頭ですか。そうですか。
そうですよ、やばいですよ。
で、それがどうかしましたか?いずれあなた達もです。
タグ:闘莉王

2010年04月24日

鑑賞記録【里見八犬伝】

ちょこちょこ書きたい映画はあったんですが、どうも岡本喜八監督作品に偏りまくりだったので、ちょっと違うのを・・・

里見八犬伝 [DVD]やっぱりそっちかい(笑)。
相当今更感は否めないですが、見たんで書きます。

まー、かなりの人が知ってるであろう「里見八犬伝」、ストーリーとか出演者とか端折ってもいいかもしれませんが、一応ね・・・

みんな若いなぁ〜、薬師丸ひろ子なんて本当にかわいらしいし、真田広之も美しい・・・本当にこの人は端正な顔立ちですね。
京本政樹とか岡田奈々とか、まだ初々しささえ残る感じ。夏木マリの妖艶さと好対照です。
続きを読む(ネタバレありかも)
posted by りよ at 03:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画

2010年04月28日

【ACL】サンフレッチェ広島×浦項スティーラーズ

面白い試合でしたね、いろんな意味で。
見に行く予定でしたが、仕事の都合上録画観戦・・・見に行きたかった。

浦項はグループリーグ突破は決めていて、この試合に勝って1位通過して「鹿島オリベイラvs浦項オリベイラ・監督兄弟対決」を避けたいところ。
逆に広島は既に敗退が決定しているので、もはや消化試合。

まず、スタメン見て度肝を抜かれました。
DF登録が槙野オンリー(笑)。かなりの割合で攻撃的な若手選手を配置してましたね。

開始早々の大崎の先制ゴールにも度肝を抜かれ、その1分後浦項の同点ゴールにも驚き、なんとも忙しいゲームになるなと・・・
実際点の取り合いになってしまいました。

セットプレーで勝ち越し点、更に前半終了前にも1点、3−1まで引き離しました。
おー、なんだか若い選手も頑張るじゃん〜、今日も李忠成はイイ感じじゃん〜と前半終了。

が、やっぱり前年アジア王者はそんなに簡単な相手じゃなかったですね。2点を返され追いつかれてしまいました。
ってか、守備がザル(笑)。
そ〜んなに浦項がすごかったとも正直思えなかったけど?
完全に前半は舐めてかかってたでしょ。それで慌てて後半点を取りにきたって感じに見えたけど?

でもそれで終わるようなサンフレッチェ広島じゃなかったですね。
一気に3人交代。寿人、高柳、山岸が入り、一気に平均年齢を上げてきました。
平均年齢が上がったことによって守備に安定感が出てきたかどうかは些か疑問ですが、いや、やっぱり安定感は増しました。
寿人なんてさすが、交代選手の役割をよく分かってらっしゃる。走る走る、前線からのプレスかけまくり。
これは日本代表・岡田監督の功績かもしれませんね(苦笑)。

そしてPKのチャンス到来〜。
いつの間にか相手ペナルティエリアまで持ち込んだ中島が倒されて獲得したんですが、あの中島が・・・ガッツポーズ(笑)ここも度肝を抜かれた瞬間でした。
そして問題のPK。キッカーの寿人がちょこんと左に出したボールを走りこんだ槙野がゴール。槙野らしい調子に乗ったPKでしたね。

この1点を守り、4−3で勝利。

ドタバタでしたが、見終わるとなんだか感動。
いつもは控えの若手が、主力が出てる時以上に面白いサッカーを見せてくれましたね。
槙野が試合後インタビューで言っていましたが、「サンフレの、人もボールも人の心も動かすサッカー」が出来ていたなと思いました。

また来年もACLの舞台でサンフレッチェ広島が見たいです。
そのためにはリーグ戦、天皇杯、頑張ってほしいですね。


余談ですけど・・・テレ朝の実況アナ、「前年度アジアチャンピオンと戦っています!」とか「浦項はクラブW杯で世界3位に輝いたチームです!」とか言いすぎ。
アジアチャンピオンだったり世界3位だったレッズやらガンバと毎年リーグ戦でやってるっての。
そういうプレミアム感を持たさなくても広島のサッカーは十分面白いよ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。